バナー

iPhoneのバッテリーの持ちについて

iPhoneのバッテリーは世代を重ねるごとに大きくなり、持続時間も長くなっています。

特にバッテリーが大きくなったのはiPhone5のあたりです。縦長になったことや画面サイズが大きくなったのに合わせてバッテリーも容量が増えています。

ただし、iPhoneではサイズが大きくなりバッテリーが増えてもCPUやGPUなど機能面での高性能化もあるのでそれほどバッテリー持続時間は増えていないのではないかとギモンを持たれる方も多いようです。



ただ、最近のCPUやGPUのトレンドは消費電力を控えながら性能を向上させることです。

特にモバイル分野では消費電力以下に落とすかが最重要課題になっています。

そんため、A7やA8プロセッサでは消費電力が特に減ってきており、バッテリーの持続時間に強く貢献しています。

また、iPhoneの場合は本体の製造とOSのの制作が同じ会社なので省エネ設定についても密接に調整が行われています。



同じ機能を持つAndroid機と較べてもバッテリーの持ちは断然iPhoneがよいという評価も多いです。



ただし、動画視聴やゲームの時間が増えればAndroidと同様にバッテリー消費は激しくなります。

また、Androidと違い完全マルチタスクをしていないのでアプリが休止中にデータ取得はできても計算等はできませんのでバッテリー消費を抑えるのに適したOSといえます。

アップル製品はハードとソフト面を同時に開発することでバッテリー消費を抑えながら高性能なアプリを使える仕組みを実現しています。